CDS指数の活用方法 - NYダウ,ナスダック,CDS,円相場のリアルタイムチャート速報と無料動画

NYダウ,ナスダック,CDS,円相場のリアルタイムチャート速報と無料動画 ホーム » スポンサー広告 » CDS指数とは? » CDS指数の活用方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDS指数の活用方法

CDS指数の活用方法なのだが、単純にこの

数値が高い=信頼度がない企業=倒産リスクが大きい

これに尽きる。最近では2009年の3月頃に孫正義率いるソフトバンク(9984)のCDS指数が2000ポイントを突破したことがあり、つまりプレミアが年利20%ということを意味しており、金融市場では、倒産が囁かれていた。しかし、個人向け社債の発行により、社債を捌ける(年利5%で資金調達可能)ということが、ソフトバンクの個人向け社債発行により周知の事実となり、資金難に陥ることは、個人資産額が世界最大額の1500兆円と言われている国民がバックについているならば起き得ないだろうということで、現在は低調な指数推移が起こっている。

最近のCDS指数の大幅上昇銘柄としては、先ほどのべたソフトバンクと、オリックス、そして消費者金融系企業が代表である。

ポチっと応援宜しくお願いします♪


ソフトバンクのCDS指数急騰チャート  オリックスのCDS指数急騰チャート

このCDS指数の数値は、銀行や証券会社などの金融のプロの人達の目により数値が変動する指数のため、非常に高い信頼度を誇っており、今後上場企業におけるこのCDS指数というものは、どんどんメジャーな指数へとなっていくことが考えられる。

CDS指数とは
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nydow.blog61.fc2.com/tb.php/39-9d485c0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。