デフォルトとは - NYダウ,ナスダック,CDS,円相場のリアルタイムチャート速報と無料動画

NYダウ,ナスダック,CDS,円相場のリアルタイムチャート速報と無料動画 ホーム » スポンサー広告 » 経済用語 » デフォルトとは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフォルトとは

デフォルトとは、英語のdefaultという単語からきています。

最近ではニュースで、ギリシャのデフォルトの可能性、そしてアイスランドのデフォルトなど耳にする機会が多い単語です。経済ニュースにおいて使用されるデフォルトとは、おもに国の債務不履行といった意味で使用されます。

国の債務不履行、つまり国債のデフォルト、この状態は国債の償還をもうお金がなくすることができない国の破産状態を示しています。

国が破産する、デフォルトするということは中々想像しがたいとは思いますが、過去このデフォルト状態になった国は実はかなりあるのです。

例を挙げると、
アルゼンチン オーストラリア アイスランド ウルグアイ ロシアなどなど
結構あるのです。

デフォルトの危険性が高い国はソブリンリスクが高く国債の利回りを上げないとお金を集めることができないというサイクルで世の中は回っています。

PIIGSのソブリンリスクが今や大変ニュースを騒がしていますが今後どうなっていくのか注視が必要です。

それでは日本のデフォルトの可能性はどうなのでしょうか。

日本政府の場合の借金は海外にされているものではなく、日本人に国債を売っている、厳密にいうと国民が預金を行っている銀行が私たちの許可なしで国債を購入しているという図式になっています。現在、日本の国債発行の債務が約800兆円。世界を見渡してもこれだけの借金をしている国は存在しません。

それではなぜ日本はデフォルトしないのでしょうか。

それは日本の借金している相手が日本国内の国民に対してだからです。諸外国に借金をしている場合だったらとっくにデフォルトしていることでしょう。

というのも日本人のトータル財産は1400兆円とされており、日本国の借金よりも多いので≪まだ≫デフォルトしないと言われています。が、だんだんと財産は食いつぶされてきているのも事実です。

詳しくは大前研一さんのコラムをご覧ください。恐ろしくなります。
ギリシャ危機の先に見える日本の危ない姿 → こちらから
絶壁の真上に近づいていもお金に疎い日本人 → こちらから


日本がデフォルトする可能性が高い今、資産を銀行に預けておくのは愚の骨頂です。
これを機に海外投資を始めてみてはどうでしょうか。

外貨の購入ならばセントラル短資

NYダウへの投資ならばDMM CFD


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nydow.blog61.fc2.com/tb.php/153-5f465b6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。